ミニ情報
うえだこどもクリニックの外来診療から気付いたことを記していきます
2018.5.14
ウイルス性胃腸炎が流行しています。
溶連菌感染、、アデノウイルス感染流行しています。
RSウイルス感染ヒトメタニューモウイルスが診られます。
水痘手足口病ヘルパンギーナおたふくかぜが散発的に診られます。
メディア情報
すくすく子育て 詳しくはこちらを
 HNK教育テレビ 土曜日 午後9時00分から9時30分

 
5月26日 すくすく子育て×ウワサの保護者会・子どもの発達障害について
 
6月 2日 質問スペシャル@

NHKスペシャル 
詳しくはこちらを
 
NHK総合テレビ 



きょうの健康 詳しくはこちらを
 NHK教育テレビ 月曜から木曜 午後8時30分から8時45分
            金曜 午後8時00分から8時45分



アレルギー談話室

 KBCラジオ 毎週日曜午前6時45分から7時00
消費者庁:子どもを事故から守る!プロジェクト
1〜14歳の子どもの死因の第1位は、「不慮の事故」です。消費者庁では、子どもにとって何が危険で、どのように注意すべきか等に関する情報の提供等を行っています。
http://www.caa.go.jp/kodomo/?requestid=0
福岡県小児救急医療ガイドブック「必携!子ども救急」
福岡県と福岡県医師会が共同で作成しました。
子どもの発熱や嘔吐など、主な症状別の対処方法、家庭での対応、良くある質問な
どをわかりやすくまとめてあります。(対象年齢:生後1ヶ月〜就学年齢)
冊子の内容については、ふくおか医療情報ネットに掲載されています。

http://www.fmc.fukuoka.med.or.jp/images/kodomoguidebook3.pdf
病後児保育 コアラ
病後児保育 コアラをご存知ですか。
詳しくは http://www.itoshima-med.or.jp/coara/
こども医療ガイド
東京都では「こども医療ガイド」を開設しました。
音声つきのQ&A方式で病気の症状への対応について答えています。
http://www.guide.metro.tokyo.jp/
#8000 福岡県小児救急医療電話相談
福岡県小児救急医療電話相談をご存知ですか。平成16年10月30日(土)から、365日(毎日)、夜間の小児患者が多い準夜帯(19時〜23時)に、小児(子ども)の急な病気、ケガなどに関する電話相談が開始されました。詳しくは http://www.fukuoka.med.or.jp/syoni_tel.html
こどもの救急 ONLINE QQ
日本小児科学会は夜間や休日など診療時間外に医療機関を受診したほうがよいのか、こどもの保
護者が判断の目安となる情報提供をインターネット上に公開しています。
ホームページは「こどもの救急・おかあさんのための救急&予防サイト」
http://www.kodomo-qq.jp
こどもの健康セミナー